ERP

Enterprise Resources Planning

ERPは、企業の情報戦略に欠かせない仕組みの略であり、
企業経営の基本となる資源要素(ヒト・モノ・カネ・情報)を適切に分配し有効活用する計画=考え方を意味します。

現在では、「基幹系情報システム」を指すことが多く、企業の情報戦略に欠かせない重要な位置を占めています。

概要

生産管理の手法であるMRP(Material Resource Planning)を一般の企業経営向けに展開したもので、資源をムダなく有効活用し生産効率を高めていく考え方を、経営の効率化に応用したものと言われます。
最近では、ERPは経営管理の中枢を担うシステムとしてさまざまな業界・業種の企業に広く導入されるようになりました。

導入のメリット

ERPのメリットは「情報の一元管理」にあります。
企業のあらゆるところに点在している情報を一箇所に集め、その情報を元に企業の状況を正確かつタイムリーに把握し、経営戦略や戦術を決定していきます。
さらには、ITを活用して「業務の効率化」をはかる、他のシステムとの連携によりスピード化を実現する、といった目的の導入も増えています。

現在では、さまざまな形態でERPを使用できるようになりました。
すべての業務一式をカバーするオールインワンタイプの「全体最適型」、
単独業務のみをソフト化し導入する「業務ソフト型」、
ある程度の業務単位(会計、販売、生産、総務、現場など)で導入し、追加・拡張していける「コンポーネント型」

企業の目的にあわせた導入形態を選択することができます。
さらに、最新技術を採用した「クラウド型」は、インターネットを介してアプリケーションのみを使用できる環境を提供することで、企業におけるサーバー管理や設定の負荷を削減すると同時に、短時間の導入を実現。
このクラウド型ERPも浸透し始めています。